Dive !

初心者でも楽しめるダイビング

初心者のダイビングの疑問を解決

綺麗な海で神秘的な水中を探検し魚やサンゴを見ることのできるのが魅力のダイビングですが、興味はあっても敷居が高いと感じてしまうものです。
呼吸のできない深海へ行くわけですから、もちろん不安はあるでしょう。機材の準備や体力面でも大丈夫だろうかと心配してしまい、中々第一歩を踏み出すことができない。
ここではそんな不安を少しでも解決すること助けが出来たら幸いです。
まず第一にダイビングには専門のインストラクターがついて指導しますので、予備知識は必要ありません。心配せずに信頼できそうなレジャーパックを選択しましょう。
水の中では酸素ボンベを背負いますので、もちろん呼吸の心配をする必要はありません。また、一人で潜ることはありません、必ず周りに人がいる状態で水の中に入ります。
機材は10キロ以上あるものですが、水の中なので浮力がありますので、陸上のような重さを感じることはないでしょう。
ひとつ心配なのは日焼けです。海の紫外線は水の反射もあり、非常に強力です。通常ダイビングは夏のレジャーですから対策は怠らないようにしましょう。
ダイビングは老若男女問わず誰でも気軽に参加することができます。
非日常的で神秘的な海底をぜひお楽しみください。

ブランクダイバーのダイビングにおける不安

ブランクダイバーのダイビング マリンスポーツの中でも人気が高いのがダイビングです。
ダイビングの技術は潜水の頻度に応じて変わり、頻繁に行う事で技術を高めることが出来ます。
また、1年に1度しか行かない場合など、経験年数が多くてもその都度不安と言うものが生じる事になりますが、ブランクダイバーの場合は数年間の中で一度もダイビングを行っていないダイバーであり、1年に1度の割合で行っている人と比較をすると不安はブランクダイバーの方が大きいと言えます。
経験を持つので、潜行することで勘を取り戻すことは出来ても、水中と言う特殊な環境の中で行うマリンスポーツで在る事、ブランク期間が長くなることで年齢も上になっているので体力的な不安もあるでしょう。
ショップが企画するファンダイブと言うコースプランが在りますが、ファンダイブコースプランはライセンス資格を持つ人が対象になっているため、ブランクダイバーも参加することが出来ますが、このようなダイバーは不安を持つことからも事前にインストラクターに伝えておけば、水深が浅い場所でインストラクターからレクチャーを受ける事が出来るようになっており、レクチャーを通じてダイビングの勘を取り戻し、ファンダイブコースプランの参加が出来るようになっているので安心です。

おすすめのダイビング情報リンク

沖縄・慶良間 (ケラマ)にある半日ダイビング専門店のサイト

沖縄で半日ダイビング

Copyrignt(c) 2016 Dive! All Rights Reserved.